読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車操業一筋42年

世の中の「意識高い系」トライアスリートについていけない泳ぎがヘタで意志が弱いサラリーマン、永遠の42歳後厄、が初フルマラソン完走後3年でアイアンマン70.3のフィニッシャーに。フルマラソンサブ4達成後の次の目標はOD3時間切りです。

東京マラソンと石垣島トライアスロンに向けて

最近東京マラソンに向けて一生懸命練習している割には腰の具合がよく、そのうちまたがっつりギックリ腰になっても困るのでメインテナンスに行ったら、ベッドにうつ伏せに寝かされて男の手でパンツを下ろされ、無抵抗なままで身体の奥深くまで挿入されました。何度も何度も貫かれて、それからカラダに電気が走り、私の筋肉が私の意思とは関係なくビクンビクン痙攣を始め、しばらく我慢しているうちに痛みがじわじわと快感に変わっていきました。針治療、クセになりそうです。ってさっきまで山手線の中で書いてたら、隣の人がドン引きしてそそくさとどこかに行ってしまいましたが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。うほっ、やらないか。

 
冗談はともかく四谷の韋駄天という大学駅伝の選手も訪れる針治療院はすごかった。カラダの表面からのマッサージでは決して届かない、股関節の周りや腰の奥のほうの筋肉がほぐれていく感じは全くの未体験。これまでの人生で腰が張っていないことはないというぐらいだったが、一気にほぐれた。
 
2月28日の東京マラソンに向けて、着実に練習を続けている。ネットタイムで4時間切れなかったら坊主になる、という公約をしろと会社でプレッシャーをかけられていて、4時間切れたらみんながNPOに寄付をする、という私には一円の得にもならない賭け。まあいいか、と思ったりもするが。
 
そして東京マラソンの後は、石垣島トライアスロン石垣島を回避して一週間後の宮古島に応募したが敢えなく宮古島は落選。石垣は私にとってはトライアスロンデビューを果たした記念すべき大会。3年連続で出場してきた石垣への連続参加が途切れる、と思っていたら追加募集で滑り込んだ。4月10日の今年の初戦に向けて気合が入る。
 
1月は月200㎞ペースでの走り込みが続いている。昨日は池袋までの10㎞強をキロ5分ちょっとで押すトレーニング。山手通りはアップダウンがある上、歩道が広いので練習にちょうどいい。韋駄天で「O脚気味で足の外側の筋肉ばかり使っていて足の筋肉全体で走りたいです」と言ったら「ランの前に内転筋のトレーニングをしてみてください」と言われたのでやってみた。O脚気味で走ると地面を蹴った反動が逃げてしまい、前進するエネルギーが減ってしまう。太ももの内側の筋肉を使って走ると効率よく走れるという。内転筋のトレーニングは以下のような感じ。

youtu.be

内転筋を刺激してから走り出すとキロ5分を切るペースで走っても全然疲れない。やはり足全体の筋肉を効率よく使って走ると楽なのが分かる。足の親指とかかとを結ぶ一直線上に体重を乗せることを意識して走る。登り坂でも意外と疲れない。これはいいかも。
 
池袋の平和湯でゴール。ビルの地下にある銭湯なのだが、降りていく階段に「路上生活者の入浴はお断りします」と書かれていてちょっと引く。だがお風呂自体は非常に掃除の行き届いたきれいなところだった。ヒートポンプで炊かれた風呂は体の芯から温まる非常にいいお湯だった。
 
JRで池袋から渋谷に戻る。電車で16分かかると知ると、自分が走ってきた距離が結構バカにならないことが分かってちょっと嬉しい。そのあと渋谷の行きつけのバーでウイスキー6杯飲んだらマジで酔っぱらいました。
 
今日はJALの早割で石垣島への飛行機を予約し、宿も東横インでばっちり取れました。ちょっとずつ今年の初戦に向けてテンション上がってきています。
f:id:KodomoGinko:20160125222016p:image
10.69㎞  56:34  5:18/km  875kcal
 
 
 

 

 

 

広告を非表示にする