読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車操業一筋42年

世の中の「意識高い系」トライアスリートについていけない泳ぎがヘタで意志が弱いサラリーマン、永遠の42歳後厄、が初フルマラソン完走後3年でアイアンマン70.3のフィニッシャーに。フルマラソンサブ4達成後の次の目標はOD3時間切りです。

東日暮里ラン

トライアスロン: トレーニング

久々に会社の若者を誘って仕事の後にランニング。着替えをリュックに入れて、銭湯を目的地に走り、一風呂浴びて着替えて酒吞んで電車で帰ってくる、というのがいつものパターン。

 

今回はめちゃくちゃ渋い銭湯があると聞いて、東日暮里まで。Google Mapによると会社から13.5km程度。まあ楽勝。銭湯の後の居酒屋は、吉田類の居酒屋放浪記HPを覗いて豊田屋に決定。あんまり行かないぞ荒川区

 

最初は4人でランニングに行くはずだったのに、2人脱落。仕方がないので会社の若者とサシで走ることに。無理矢理仕事を8時過ぎにやっつけて、晩飯食べないままにVAAMゼリーだけ食べてストレッチして出発。

 

西麻布交差点に出て、坂を登って六本木交差点へ。いかにも合コン行きそうなお姉ちゃん方から冷たい視線を頂戴しつつ、男二人はガシガシ走る。相方はハセツネ山岳耐久レースにも出たことのあるなかなかのランナー。でも最近走っていなかったらしく、「久々に走ると毛細血管カユイっすねー」と連呼しまくる。

5月なのに最高気温が27度もあったので、とっても蒸し暑い。

 

六本木交差点からは下り坂。どうやら六本木から西麻布までは盆地のようになっているらしく、六本木交差点過ぎると風がキモチイイ。溜池交差点を越え、国会議事堂を横目に眺めつつ、皇居へ。

皇居は8時半過ぎなので仕事終わった後に走っているランナーが多い。こっちはキロ5分半ぐらいでテレテレ走っているのに、全然抜かされないってのはどれだけ気合い入っていないのよみんな。と思っていたらキロ4分台のランナーに抜かされて、負けじとこっちもついて行く。

 

鍛冶橋通りから日比谷通りに出て、大手町、神田を抜けて秋葉原。夜9時前の秋葉原なんて来たことがないので凄く新鮮。メイド喫茶の呼び込みのツインテールのお姉ちゃん、カラオケ屋の前でたむろする若者達、その他。

アキバから上野はすぐ。上野駅の手前の仲町通りの辺りには、歩いている一般人より客引きの兄ちゃん達の方が圧倒的に多くて笑える。上野にはアベノミクスは届かないのか。

 

上野駅と上野公園の間のえらくきつい坂というか階段を上って走る。体力が結構削られる。丘の上からスカイツリーがキレイ。寛永寺などを見ながら、人気のなく一人では歩きたくないような薄暗い道をしばらく走る。すると目の前にネオンぎらぎらの鶯谷。初めて来たよ。

 

なんかよく分からない駅前の坂道を下って、東日暮里を目指す。言問通りを越えると凄く閑静な住宅地に。しばらく走ると最終目的地の「帝国湯」。

 

「ていこく湯」と書いてあるのれんにまずノックアウトされる。

f:id:KodomoGinko:20130521212925j:plain

 

 風呂屋で写真をがんがん撮るのは気が引けるので外観しか撮らなかったが、のれんの奥の傘入れと下駄箱からして渋すぎるのよ。どうしても写真が見たい人はこちらとか、こちらとかご覧下さい。みんなひたすらに感動しているわけですよ。我々も感動しましたが。

 

まず、番台。おばちゃんが男湯、女湯を見渡すポジションでがっつし座ってテレビ見てる。お風呂セットと大人一人、とお願いすると、「うちはお風呂セットないのよね」とのこと。よく考えたらシャンプーとリンス持ってきていて、若者が「ボディーソープありますよ」というのでお風呂セットはパスすることに。

 

ちなみにお風呂セットとは、フェイスタオルとボディーソープとリンスインシャンプーのセットで、手ぶらで来て銭湯に入れるように210円ぐらいで通常売られている。なので皆さんも銭湯を見かけたら「お風呂説得ダサイ」じゃなかった、「お風呂セットください」といって是非入ってみて欲しい。

 

おばちゃんが我々のランニング姿を見て、「会社帰り?走ってきたの?」というので「恵比寿から来ました」というと目を丸くしていた。450円の入浴料払うのに1万円札しかなく、お釣りがなくてインターホンでおばちゃんが誰かを呼んでお釣りを持ってきてもらうことに。風呂上がりにお釣り貰うということで早速入浴。

 

広い風呂なのに先客が1名のみ。お約束のペンキで描かれた富士山の絵の渋さに感動。改めてこちらのHPの写真を眺めて欲しい。もうひたすら昭和。それも美しいままに保存された昭和。

 

私がシャンプーとリンス持っていて、若者がボディーソープ持っていたので交換して使えばいいじゃん、ということだったのだが、よく見たら私がシャンプーだと思っていたものがボディーソープだったことが判明。

仕方ないので全裸で番台のおばちゃんのところに再び戻ってシャンプーを買う。一応前はタオルで隠しているのだが、それでも流石にちょっと恥ずかしい。そしたらもう一人、推定年齢45歳のおばちゃんが出現。お釣りを持ってきてくれたらしい。番台のおばちゃんが「この子私の娘だから」といって紹介してくれる。でもこっちは全裸だよ?紹介されてどうしろっていうのだ。

それにもかまわずおばちゃんは「わざわざ恵比寿から走ってきた子たちがいるから娘呼んじゃったわアッハッハ」と41歳の全裸のワタシに向かって話しかける。シュール。娘さんも「見ちゃったわーアハハ」と冗談を言う。それでもあまり照れなくなったのはやはり寄る年波には勝てないというやつなのか。どうなんだワタシ。

 

風呂は東京の銭湯らしく、めちゃくちゃ熱い。ヨモギ湯。ランニング後には本当にありがたい。当然風呂桶はケロヨン。やせ我慢して風呂に浸かるが、そもそも走ってカラダが火照っているので早々に風呂を上がる。

 

脱衣場を改めて見渡すと、窓の外には手入れの行き届いた庭と池があって、改めて渋さに感動する。そして男湯と女湯の仕切りのところに動かなくなった大きな振り子時計が。その隣には入浴心得が張ってあって、昭和27年と書かれている。

先客の丸坊主のおじさんが着替えていたのだが、ワイシャツにズボン、という格好なのになぜか下着はパンツではなくフンドシだったので若者と目を見合わす。何だかいろいろ凄いぜ帝国湯。

 

帰り際にお釣りを貰い、「ここはいつ出来たんですか?」とおばちゃんに聞くと「創業は大正5年で、この建物は昭和27年築よ」とのこと。本当に昭和27年で時間が止まっているかのよう。建物や庭、お風呂の手入れがいいのでハンパないタイムスリップ感。花屋敷とか行ってなんちゃってレトロな気分を味わうぐらいなら、東日暮里の帝国湯を目指すべき。

 

また番台のおばちゃんと世間話をする。お風呂屋さんは朝から晩まで住み込みで働かないといけないのだそうだ。ここに来る前は目黒のお風呂屋さんで働いていたという。てっきり経営者なのか、と思っていたら雇われ番台マダムだったようだ。そんな話をしていると、女湯にお母さんに連れられた小学生ぐらいの女の子が入ってくる。常連さんらしくおばちゃんと気軽に話している。「ヨモギってなに-?」と聞いていて、おばちゃんが一生懸命説明している。ほほえましい下町の風景。

 

お風呂のせいだけでなく、いろいろ暖まった気がした。

 

帝国湯から今度は日暮里の駅を目指して歩く。目的地は豊田屋。

f:id:KodomoGinko:20130521231104j:plain

新鮮な魚が売り。生ビールが旨すぎる。鰯の天ぷら、刺身盛り合わせなど頼んでもりもり食べる。だってもう10時過ぎていて、一生懸命走ったのに何も食べていないのだから。

 

結局11時過ぎまで日暮里ナイトを堪能し、酔っぱらって山手線乗ったら外回りと内回り間違えて偉く時間が掛かり、帰宅したら日付が変わっていた。でも感動したぞ荒川区。また来るぜ帝国湯。

 

 

 

広告を非表示にする