自転車操業一筋42年

世の中の「意識高い系」トライアスリートについていけない泳ぎがヘタで意志が弱いサラリーマン、永遠の42歳後厄、が初フルマラソン完走後3年でアイアンマン70.3のフィニッシャーに。フルマラソンサブ4達成後の次の目標はOD3時間切りです。

横浜市最高峰に登頂成功(ただし標高156.8m、トレランで)

去年の今頃、自分の人生で今右肩上がりなのは尿酸値だけでいつ痛風になってもおかしくないレベルと判明し、この1年大好きなビールを断ってプリン体取らないように心掛けていたが、直近の健康診断でついに尿酸値が8.0から7.7まで下がってビール我慢した甲斐があったと嬉しくなったものの、今度は自分の人生のすべてが右肩下がりになったような気がしてむしろ尿酸値ぐらい右肩上がりでもよかったかも、と一人薄ら寂しさを覚える今日この頃ですが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

昨日片瀬江ノ島で会社のボランティアイベントのビーチクリーンがあり、ただ江ノ島行ってもつまらないだろう、ということで朝6時半に金沢文庫の駅にランニングバカ3人で集合。三浦半島の付け根を東京湾側から相模湾側まで、釜利谷、朝比奈、横浜霊園、鎌倉霊園、建長寺を通って鎌倉駅まで走ってみた。


朝5時過ぎに家を出て、エロい恰好をしたお姉さんたちを含む昨晩の延長線上の人たちと眠たそうな今日が始まっている人たちが不思議な感じで混ざり合った渋谷駅から品川へ。三崎口へ向かう赤い特急電車に乗るとわれわれランニングバカだけではなく釣りバカがわんさか車内に。そして家を出て1時間ほどで金沢文庫に到着、ストレッチして早速走り始める。

一緒に行ったランニングバカのうちの一人 (前回広島篇でも登場)は、100㎞マラソンを淡々とキロ5分台を保ったまま完走できるし、フルマラソンはサブ3.5だし、トレイルランは北丹沢12時間耐久レースとかのマニア向けレースに出ている相当な筋金入り。もう一人はその激烈バカほどではないがロードではなくトレイル専門。最初はその二人だけで行くはずだったのだが、6月26日の徳之島トライアスロンの練習を兼ねて、ガラスの足腰を鍛えるべく私も急きょ参戦決定。

金沢文庫の駅からほど近いハイキングコースの入り口から山へ。朝から陽射しが強いが山の中は木陰で涼しい。意外と勾配はきつくなく、ロードとあまり変わる感じはなく走り始める。ちなみに私の靴はトレイルラン用ではなくマラソンレース用。

山登りの途中で東を見ると海がキラキラ光って見えた。いいところだ。

ロードでも雨降った後の歩道のタイルやマンホールで滑りそうになるが、やはり気になるのは下り。捻挫して2週間後のレースに出られなくなっても困るので慎重に。激烈ランニングバカいわく、下りで膝の上の筋肉をクッションに走るとすぐに持たなくなる、とのこと。できるだけ膝に与える衝撃を小さく、すなわち踏みしめるのではなく爪先立ちながら小走りするイメージでピッチ走行するのが転ばない点も含めてよいらしい。

6月とはいえまだ湿度が低いので走りやすい。道のわきにホタルブクロという釣り鐘型をしたきれいな紫色の花が咲いているが、ランニングバカたちは気にも留めないで進んでいく。そして森の中でリスに2回遭遇。尻尾がモサモサしていて繁殖が問題になっている台湾リスっぽい。何だか嬉しい。

途中、物凄くいい「気」を発散している水場があって、深呼吸。370万都市横浜にもこんないいところがあるかと思うとうらやましい。また登山中に前からマウンテンバイクの一団が来てちょっとびっくりした。とてもマナーのいい人たちだったが。

そしてしばらく走ると横浜市最高峰の大丸山、標高156.8mへ。この道は六国峠、と言われるがその由来は武蔵、相模、伊豆、上総、下総、安房の六つの国が見渡せたかららしい。湿度が低いので霞まず、たいしたことのない標高の割には遠くの房総半島までよく見渡せる。とても気持ちがいい。

f:id:KodomoGinko:20160612165954j:image

平均するとキロ7-8分程度のペース。登りのきつすぎるところは歩き、下りでスピードを稼ぐイメージ。だが登りは大抵のところは走れてしまう。釜利谷過ぎたところの階段と、一か所岩を登るためにザイルがあるところと、鎌倉市最高峰の大平山 (こちらも標高159m)山頂周辺の登り下りを除けばえぐい傾斜はないので、ロードの人がいきなり走りに行っても多分大丈夫(のはず)。

鎌倉カントリーのクラブハウスを右手に見ると鎌倉市内が一望できるポイントに。その後も気持ち良く走っているうちに建長寺に到着。山から寺に参詣。展望台でトレイルランの格好をしたカップルの女性のほうがランニングバカ2人の着ているTシャツに目を留め、「先週のモントレイル戸隠マウンテントレイルに出られたんですか?私も出ました!」と声を掛ける。ランニングバカ2人は女性に声かけられて鼻の下を伸ばしてまんざらでもなさそう。そういう斬新な展開もありなのかランニングバカたちよ、と思ってちょっと感心。

建長寺、初めて来たけれど建物がかっこよすぎる。神社マニアなので寺にはあまり来る機会がなかったことに深く反省。

f:id:KodomoGinko:20160612170518j:imagef:id:KodomoGinko:20160612170540j:image
そして鎌倉の駅まで走り、江ノ電に乗って鎌倉高校前で下車、片瀬東浜まで時間調整のためまたランニング。海岸で1時間ほどゴミ拾いした後、入浴だけで1400円というふざけた値段の稲村ケ崎の温泉に入り、極楽寺駅へ。

すでに12時を過ぎており、アジサイ目当ての観光客で一杯の中、腹をすかせたランニングバカ3人は花より団子、アジサイよりビールと餃子、というわけで駅のすぐ近くの盛華園という激渋中華料理屋に雪崩れ込む。

ビール頼んだら〆たアジがあてで出てきて旨くて驚く。ネギチャーシュー、餃子を食べながらビール飲み始めたら止まらない。そして各々五目焼きそばやチャーハンやマーボー麺食べていい感じで酔っぱらいながら満腹に。予想以上の味。餃子は手作りだし、全部ちゃんとしていてびっくり。

帰りは観光客ですし詰めの江ノ電で鎌倉に出て、湘南新宿ラインに乗って帰ってきた。途中でビールのせいもあってかうつらうつらしてしまう。距離と時間的には大したランではなかったが、トレイルランではバランスも含めて体幹の筋肉を使っているのだろう、ロードを走るよりも疲労感が強かった。トレーニングとしては効率いい。今度は高尾山なども攻めてみたいものだ。いい体験だった。

f:id:KodomoGinko:20160612140346p:plain

tabelog.com

 

 

 

 

広告を非表示にする