読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車操業一筋42年

世の中の「意識高い系」トライアスリートについていけない泳ぎがヘタで意志が弱いサラリーマン、永遠の42歳後厄、が初フルマラソン完走後3年でアイアンマン70.3のフィニッシャーに。フルマラソンサブ4達成後の次の目標はOD3時間切りです。

宮崎シーガイアトライアスロン2015に行ってきたでござるの巻

トライアスロン: レース参戦記 トライアスロン: レースの準備

スイムがニガテな私がコーチと二人三脚で一生懸命プールでトレーニングに励んできたのに、今年エントリーした3つの大会のうち2つでスイムが中止になったので文句の一つも言いたいわ、俺に泳がせんかい責任者呼ばんかい、と思って腹立ちまぎれにスイム会場を念のため見に行ったら、松岡修造でもテンション下がりそうなほどのこれ泳いだら多分死ぬでしょ、という大波が5mの高さの防波堤を越えて押し寄せているのを見て、トライアスロンの神様ゴメンなさい二度とバカなことは言いません、と心から反省した今日この頃ですが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

 

というわけで今年3戦目の宮崎シーガイアトライアスロン2015に行ってきた。今年で3年連続3回目。初回は某ギンギラギンなジャニーズ事務所所属年代別トライアスロン日本代表、某ITバブルの申し子懲役帰り、某ハーフモデル道端3姉妹のうちのどれか、など多彩な顔ぶれだったが、今回は上記二人目の人とレバレッジ学習法の人と元マクドナルド、現ベネッセの偉い人など若干地味な参加者リスト。

 

台風3兄弟が日本の近海に鎮座する中、海は大荒れでスイムは中止。ビーチラン1㎞とバイク40㎞、ラン10㎞の大会となった。

f:id:KodomoGinko:20150711145946j:plain

物凄く端折って結果を言うと、バイクは昨年のタイムより10分以上速くなり平均時速32㎞ほど、ランはバイクで頑張ったせいもあって消耗してキロ6分弱でフィニッシュ。スイムが仮に35分で終わったとするとオリンピックディスタンスで2時間50分程度、という自己ベスト更新するぐらいの勢いだった。

 

今回はいつものロンサムトライアスロンではなく、去年天草に行った時のパーティとご一緒。宮崎に縁のある方たちだったので、至れり尽くせりのツアー。金曜日の午後から宮崎入りし、生でも食べられるという超旨い鶏ミンチの鍋を出す「おらが村」で散々飲み食いしたり、土曜日の昼は釜揚げうどん「重乃井」、夜は「幸魚」で旨い魚を食べるという大人の遠足状態。土曜日はスイムが中止になったことで気が緩み、夜に宮崎の芋焼酎、日南娘と赤江を飲みすぎる始末。赤江は初めて飲んだが味が深くてクセになる。10時に酔っぱらって寝たが、熟睡した挙句に2時に目が覚めてそのまま寝付けず、熟睡感のないままに起床して現地へ。

 

雨がしとしと降り続く予想されていた降水確率100%の一日だったが、ビーチラン開始を待つまでに太陽が顔を出し、湿度100%の中で熱中症のリスクが非常に高い状態に。脚が攣らないようにミネラル分と水分の補給を忘れずに行う。

 

ホリエモンはどこにいるんだろう、と思っていたらトランジションエリア内で発見。昨年より体格も緩く、日焼けもしていなかったので今年は絶対負けない、と勝手に仮想敵に。2年前は私のほうが速く、去年は彼の勝ちで、今年こそリベンジしようと決める。ってか彼は私のことを知る由もないのに何のリベンジだよ。

 

ウエーブごとに10分差をつけてビーチラン1㎞のスタート。思ったよりも足をとられてエネルギーを消耗する。酒が抜けていない感じがして、自制心のない自分を呪う。トランジションエリアまでの道が思ったよりも長い。当初予定の2時間半以内のゴールもちょっと怪しい、ヤバい、と思いながらバイクスタート。

 

台風のせいで風が強く、向かい風になった時に踏んでいけるか心配だったが問題なく走る。今回はランのためにバイクで脚を残す、など考えずに踏めるだけ踏んでいこうという作戦。トムワトソンクラブハウスまで行く道は松の防風林で風の影響を考えずに済んだが、一ッ葉有料道路の南向きは風が直撃。それまで時速30㎞台半ばで走っていたのが、2周回目の南向きでは30㎞を割ってしまう。そしてお決まりの腰痛が襲ってきて、ロキソニンを2錠飲んで痛みをごまかす。それでもバイクは予定の1時間20分、平均時速30㎞よりもいいペースでゴール。

 

ランシューズに履き替えてコースに出た時点で1時間20分程度。このままキロ6分で走れば2時間20分でゴールできると思ってとても嬉しくなったのだが、バイクで脚を使ってしまっていて上手く走れず、今にも攣りそう。何とかキロ6分以内を死守しながらだましだまし走っていたのだが、最後の1㎞で気持ちが切れかかる。でかい声で「頑張れオレ」と何度も連呼。そしたら後ろから来た日本代表のユニホーム来た女性が「頑張ってくださいね」といってくれてちょっと恥ずかしい。後でわかったのだが、彼女はスタンダード女性クラスの6位でゴールしていた。

嘘だと思うかもしれないが、ポジティブな言葉を聞くと人は使われていない潜在能力を発揮できるようになる、というのは科学的に証明されているので、辛くなったら無理やり大声で前向きなことを叫んで自分の耳に届かせる方がいい。応援してくれるギャラリーがいると頑張れるが、応援してくれるギャラリーに「おかげで頑張れます」とか言ったほうがより力を振り絞ることができる。私は心の中で「俺はこの前アイアンマンになったんだから、オリンピックディスタンスなんて楽勝楽勝」とずっと呪文のように唱えながら走った。

 

2時間半という当初目標よりも10分速くゴールできるかと思っていたら、最後できつくなってしまってラスト100mはダッシュで何とか2時間19分59秒でゴール。暑さの中厳しいレースだったが自己最速ペースでレースが出来たので充実していた。

 

仮想敵ホリエモンには負けたくないと思ったが、彼は私より12分ほど早くゴールテープをカットしていてボロ負け。ランは大して変わらなかったのだが、バイクがめちゃくちゃ速い。平均時速35㎞を超えていた。まだまだ精進が足りないのでもっと練習しないと。