自転車操業一筋42年

世の中の「意識高い系」トライアスリートについていけない泳ぎがヘタで意志が弱いサラリーマン、永遠の42歳後厄、が初フルマラソン完走後3年でアイアンマン70.3のフィニッシャーに。フルマラソンサブ4達成後の次の目標はOD3時間切りです。

伊豆今井浜方面 舟戸の番屋

ジジイになったせいか、運動後ヘトヘトなのにもかかわらずカラダが興奮してなかなか寝付けずに深夜にウイスキー飲みながらブログ書いている今日この頃ですが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

 

二日前に実家の伊豆から東京の自宅まで130㎞ちょっとバイクで帰った後、任務を果たして月曜日に湘南新宿ラインに乗って実家に舞い戻り、家族で七輪焼肉などしてくつろいでいたのだが、今年初レースまであと1か月ほどということと連休中の旅行の予定を全く立てなかったということもあり、残りの休みはさらにトレーニングして過ごすことに。

 

朝起きて熊本城マラソンの参加賞でもらった真っ赤なTシャツに着替え、とりあえず3時間走もしくは30㎞走あるいは両方、へ。実家からほど近い135号線をひたすら南下するのだが、歩道が全然ないところがほとんどで、びゅんびゅん走るクルマのすぐ横をてけてけ走る、というかなり危険なラン。直近のロングライドから脚が回復しきっていなかったのでタイムにはこだわらず淡々と走ることにした。湘南を走る134号線のようにずっと平坦な道をイメージしていたのだが、予想以上にアップダウンが多くて精神的に堪える。遅くてもいいや、と決めて走っていたのに、いつもながら走っているうちに気持ちだけ先走り、カラダというかタイムがついてこないのでイライラする。

 

これまで超ピーカン照りだった前日までとは異なり、いい感じで曇っているので熱中症の心配はないが、若干向かい風がきつい。小さな歩幅で肩甲骨を動かすことを意識しながら登っていく。たまにあるトンネルは照明が暗めの上に歩道がなくて、背中のリュックサックにライトをつけてこなかったことを悔やむ。点灯せずに走っているクルマから自分のことが見えるのかかなり不安。それに加え歩道横に雑草が生い茂っているためにどうしても車道にはみ出さずには走れないところが相当箇所あり、超スリリング。というかシャレになっていないのだが。

 

下の写真からもお分かりの通り、結構登らされるのでいい運動になる。稲取温泉を見下ろすところ。

f:id:KodomoGinko:20150505114039j:plain

海抜0mに近いところから100mぐらい登る、というのを数回繰り返すと、ロングライドで疲れた脚は非常に素直に反応していうことを聞かなくなる。レースで最後のランのときまさに同じ状態になっているかと思うと、ここで頑張らないと練習している意味がないので死ぬ気で(大げさだけど)走り続ける。

 

ようやく目的地の今井浜にたどり着く。27㎞ちょっと。空が晴れてきて、海の青さがまぶしい。水着があればスイムの練習できたと思うが後の祭り。サンシップ今井浜、という町営の温泉施設を心の中で目的地に設定していたのだが、その手前に新しい「舟戸の番屋」という施設ができていたので、そっちに行くことに。なんと掛け流し温泉露天風呂、入浴料300円。超良心的ではないか。

f:id:KodomoGinko:20150505123733j:plain

上の写真の真ん中あたりの森が茂っているあたりに露天風呂がある。太平洋を一望できる素晴らしいロケーション。汗臭い服を早く脱いで急いで入りたい、と気が焦る。お風呂は本館のようなところから少し歩いて別棟になっていて、本館でお金を払ってから入浴となるのだが、はっきり言ってお金払わずにお風呂に行っても誰もわからないぞ、この構造だと。

 

男湯に行くとありがたいことに先客はいない。太平洋を一望する露天風呂を独り占め。海側の風呂のへりに顎を乗っけて背中をストレッチしながらサーファーを眺めていると全然飽きなくて、永遠に風呂に入っていられる気がする。そしたら尻が真っ赤になるまで日焼けするのだろうな。

 

しばらくするとランの途中ですれ違ったダンディーなおじさんが露天風呂に参入。一坪半ぐらいしかない湯船だと眺めのいいところが限られていて、そこに二人いると間合いが近すぎてそんな気はないのにヘンな雰囲気になりそう。あんなところやこんなところをストレッチしているのを他人に見られるとかなりハズカシイ。

 

掛け流しのお湯は柔らかくて肌に染み込んで効く気がする。シャンプーリンス持参だったのだが、ランナーにはキビシイ石鹸・シャンプー使用禁止だったので頭から掛け湯をしまくって呼吸器からも温泉成分を体内に取り込む。

 

そうするうちに家族連れの第三の男が現れ、女湯からちびっ子が「お父さんこっちは貸し切りで最高だけどそっちはどう~」と叫ぶ。もちろん後発参入のおっちゃんが我々二人を前に「いやこっちは先客いて冴えない感じ~」というわけにもいかないでもごもご何か返事していたら、しつこく「お父さんそっち誰かいるの~」とコドモが何度も叫ぶので、こちらも気を利かせて退散することにした。下の写真に後頭部が写っているのが第三の男。ご覧の通り太平洋が最も近い温泉といっても過言ではない。

 

ウッドデッキになっているところで着替えていたら、ずっとこの上で寝っ転がっていたくなったが、夕方から今年喜寿を迎える父と古希を迎える母を祝うため、清水の末廣鮨に行くので撤退。

f:id:KodomoGinko:20150505132405j:plain

今井浜海岸駅から伊豆急に乗って実家に戻る。

実家に帰るとオカンが険しい顔をしていて、聞くと近所のKさんが今朝遠笠山道路をジョギング中にひき逃げされた、とKさんの奥さんから伺ったばかりだとのこと。遠笠山道路って近所にあるのだが、見通しの良い片側1車線の道。

テレビ静岡HPより。

特報!伊東で重傷ひき逃げ 灰色の車逃走(2015/05/05/火)

5日朝、伊東市の県道でジョギングをしていた79歳の男性が後ろから来た車とぶつかりろっ骨を折る大ケガをしました。車はそのまま逃走し警察はひき逃げ事件として捜査しています。5日午前7時頃、伊東市富戸の県道「遠笠山富戸線」で道路の左側をジョギングしていた近くに住む79歳の男性に後ろから来た車がぶつかりました。男性はぶつかったはずみで転倒し、右のろっ骨2本を折る重傷を負いましたが、ぶつかった車はそのまま逃走しました。警察によりますと逃げた車は乗用車で、灰色だったということです。現場は片側1車線の見通しの良い道路で、警察はひき逃げ事件として事件を目撃した人を探したり近くの防犯カメラの映像を解析したりして逃げた車の行方を追っています。

サイドミラーが現場に残されていたそうなので、そのうち犯人は捕まると思うのだが。うちのムスメもフレンチブルも大変良くしていただいているので、早く回復されることをお祈りします。またバカ息子はなんだかんだでいくつになっても親に心配ばかりかけているらしい。Kさんのようにランニング中になにかあったら、とオカンはえらく心配していたようだ。1日2件もそんなアクシデントは起きないと思うのだが。

 

しかしランニングには季節が良くて本当に気持ちがよかった。5月24日は石垣では梅雨入りしているかもしれない。風があるとすべてにおいて厳しいので、穏やかな天気であることを祈っている。

f:id:KodomoGinko:20150509020258p:plain

本日のトレーニング 27.18㎞  3:02:57  6:44min/km  2,206kcal

 

広告を非表示にする