読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車操業一筋42年

世の中の「意識高い系」トライアスリートについていけない泳ぎがヘタで意志が弱いサラリーマン、永遠の42歳後厄、が初フルマラソン完走後3年でアイアンマン70.3のフィニッシャーに。フルマラソンサブ4達成後の次の目標はOD3時間切りです。

赤羽方面 みどり湯から八起

トライアスロン: トレーニング トレーニング : 銭湯・居酒屋訪問記

最近たくさんトレーニングしていることを言い訳に、溢れ出る食欲を抑えきれずボリュームたっぷりのステーキランチをさらにライス大盛りカレーがけにしてしまい、これはヤバいと反省して食後にウォーキングしていたら道端で某有名店の限定販売のシュークリーム売っているのを見つけて脊髄反射的に買ってしまい、そそくさと会社に帰ってアシスタントと一緒に美味しくもぐもぐ頂いていたらふと「何やってんだオレ」とようやく気付いた今日この頃ですが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

 

よくよく考えるとそもそも私が運動を始めたのは美味いものを罪悪感を持たずに好きなだけ食べられるように、という理由だったわけで、食べ過ぎたら走ればいいんだ!ということで仕事の後ランニング。

 

大手町から外堀通りを北上、不忍池から不忍通り。トレランバッグ背負ったサラリーマンのランニング帰宅っぽい人と一緒に走る。不忍通りまで来ると人が少なくなって走りやすい。千駄木2丁目の交差点を左折して根津神社前。つつじ祭りやっているようで屋台が沢山あったが、午後7時だったこともあり静まり返っていた。きつ目の坂を上り切り、本郷通りをさらに北上。六義園とか古河庭園とかあって昼間走れば緑が眩しいのだろうが、残念ながら夜はつまらない。しかし走っているとどこからともなくハゴロモジャスミンのいい香りが漂ってきて、初夏が近いことを改めて感じさせられる。

 

その後北本通りをさらに赤羽に向かう。王子駅前を通って堀江敏幸「いつか王子駅で」 を読んだことを思い出した。何気ない日常を淡々と綴っていく、ストーリーとも言えないような話が多い文章が好きで彼の本はよく読んだ。

 

そして某家具量販店の前を通る。社長が日経新聞の「私の履歴書」を執筆中のところ。本人は武勇伝をみんなに披露できて楽しいのかもしれないが、広報とか人事とかコンプライアンスといった「なかのひと」たちは気が気でないだろう。毎日「ここに突っ込まれたらなかのひとは対外的に何て釈明するのかな」と想像しながら読んでいると楽しい。

 

赤羽に近づき、北本通りから駅の方に入ってお目当ての銭湯「赤羽ゆートピア」を目指してランニング終了。クールダウンしながらゆートピアに着いたら、なんと定休日。仕方がないので比較的近くにある「みどり湯」に急遽ターゲット変更。

f:id:KodomoGinko:20150428205407j:plain

みどり湯はかなり新しい、イマドキな感じの洒落乙銭湯。ご主人が食い入るように巨人中日戦のテレビを観ていて、やはりここはダウンタウン東京なのだな、と思い知らされる。風呂上がって9回表で4-0で巨人が勝っているところから中日の攻撃ワンアウト1、3塁になったところでピッチャー交代、となったときに彼の目にかなりの怒りの色が浮かんでいたので話しかけることができなかった。

 

サクッと体洗ってストレッチして出てきて9時前。お目当ての居酒屋、「まるます家」は9時半までなので、慌てて駅を目指す。

 

赤羽は東北方面からの東京の玄関口で、戦後すぐ東北から持ち込まれて没収された闇物資が横流しされて闇市が立っていたので栄えたらしい。初めて来たのだが、祝日前の夜ということもあってか街が大賑わいなので驚く。30代のサラリーマンやOLさんみたいな人たちが店の中でも、店の外のテーブルでもガンガン飲んでいる。なんか香港の猥雑な屋台が並ぶ一帯のようだ。

 

残念ながらまるます家はオーダーストップだったので、どこか別の店に入ろうとウロウロしたのだが、一人なのにどこも満席で全然入れない。どれだけ大人気なんだ赤羽。居酒屋の聖地は京成立石かと思っていたが、闇市の残り具合といい、人の多さといい、赤羽の圧勝。

 

彷徨った挙句、何がOKなのかよく分からないOK横丁の居酒屋がいい感じだった上、カウンターがひと席だけ空いていたのでふらっと入ってみた。「八起」という店で、どうやら老舗の有名店らしい。まずハイボール頼んだら、ピートが効いていたので驚く。白州でもない味。どのウイスキー使っているのか気になりつつ、ツブ貝刺し、マグロぬた、イカ納豆、豚のネギマを注文。モツ焼きの店なのだが、昼に食べ過ぎたのでちょっとカロリー低めのものを攻める。どれもだいたい4、500円ぐらい。どれもちゃんと作っていたので悪くない。二杯目のハイボール頼んで立ち上がって何のウイスキー使っているのか見たら、ジョニ赤だった。国産ウイスキーじゃないのをハイボールに使っている居酒屋は珍しい。

f:id:KodomoGinko:20150428214818j:plain

f:id:KodomoGinko:20150428212638j:plain

風呂上がりに居酒屋で飲み食いするのは楽しいのだが、唯一の欠点は綺麗に洗ったばかりの身体にタバコの煙が染み込むこと。こればかりは仕方がないのだが。

 

長居をするのも無粋なのでさっと食べてさっと飲んで席を立つ。お会計は2600円。センベロ、とはいかなかった。

 

埼京線で新宿に出て、いつもの地元の飲み屋で一人二次会でまたウイスキー飲んだ後に、腕のいいタイマッサージ屋で硬くなっていた身体をほぐしてもらった。肘で肩をぐりぐりされるとあまりの痛さで気分が悪くなって吐きそうになった。こんな体験初めて。帰宅すると1時前で、自業自得だが長い一日だった。

f:id:KodomoGinko:20150429112052p:plain

本日のトレーニング 12.50km 1:08:33 5:29/km 935kcal

 

tabelog.com

広告を非表示にする