自転車操業一筋42年

世の中の「意識高い系」トライアスリートについていけない泳ぎがヘタで意志が弱いサラリーマン、永遠の42歳後厄、が初フルマラソン完走後3年でアイアンマン70.3のフィニッシャーに。フルマラソンサブ4達成後の次の目標はOD3時間切りです。

スカイツリー方面 荒木湯と居酒屋 蔵

1月は酒を飲む機会が多くてなかなかトレーニングがはかどらない。そして久しぶりに走ると身体が重くて苦しみ、距離が稼げず、次のトレーニングの意欲が下がる、という悪循環が待っている。いけません。東京マラソンエントリーできなかったからと言ってモチベーション下げるのは。

 

そんなわけで久しぶりに仕事後、会社から走ることにした。会社の若者と、神谷町の某外国法律事務所で働く先生(うちの会社の法務部にかつて出向できていた)、そして元同僚の計4人でスカイツリー方面。

目指す銭湯は荒井湯スカイツリー近くの銭湯を選んだらそうなった。会社から14kmなのでまあいい距離ではなかろうか。

 

会社から若者と2名で走り出し、明治通り桜田通りを走り慶応の近くを通って弁護士先生と合流。走り出しこそ左の足の裏の骨が痛くて難儀したが、慣れるとキモチイイ。三田から日比谷通り。東京タワーを見て、やはり東京タワーラブだわ、との思いを新たにする。東京のシンボルはやはり赤いタワー。スカイツリーじゃなくて。

 

走り始めは暖かかったのだが、走っている内に風が強くなって気温も低下。小雨もぱらつきだして危険な香りが。

大手町勤務の元同僚は皇居1周して7時半に大手門で合流、ということになっていたが、この風だと待っているうちに汗が冷えて死にそうなのでは、というぐらい。

 

そこから日比谷通りを小川町で曲がって靖国通りへ。1km5分ちょっとのペースで走っているのだけれど、息が上がらず無駄話しながらフツウに走れる。

 

話題は今年のなんちゃって箱根駅伝、記念すべき第20回大会のチーム分けと20回記念飲み会について。私は毎年同様4区がいいと強く主張。今度で12回目の参戦。噂ではあの金哲彦さんも飲み会に参加されるとのこと。行かねば。

 

浅草橋で北上。何となく下町の雰囲気が強くなってくる。小雨に濡れたタイル敷きの路面は滑りやすくて危ない。私の知り合いも滑って肘ついて骨折したので皆さん気をつけて。

蔵前橋通りを東に曲がり、安田記念で有名な安田庭園を左手に清澄通りを北上。スカイツリーがでかでかと見えてきた。ペースが上がる。本所1丁目の交差点を右折して春日通りを少し走ると、目的地の荒井湯。渋い外観。

f:id:KodomoGinko:20140126190904j:plain

火曜日の夜9時過ぎという時間だったが、先客が7名ぐらい。3歳ぐらいのかわいらしい男の子がいてお父さんと遊んでるな、と思ったらお父さんは何と髷を結っていた。

初場所が行われていることもあり、場所柄もあり、お相撲さんがいてもおかしくはないのだが、部屋に風呂が当然付いている訳なので子供のためにお風呂屋さんに来たんだな、と思って和む。

でもどこかで見た顔だ、と思って一生懸命思い出そうとしたのが、思い出せず。家帰って調べてみると、玉飛鳥関だったような気が。案の定結構な大物だった。

他には彫り物入っているけど色まで入れていないじいさんとか、やっぱり下町風情漂わせる客層。壁には東京ゲートブリッジと富士山、というなかなかコンテンポラリーな銭湯壁画でイカす。

 

風呂上がりの居酒屋は、当初「わくい亭」に行く予定だったが、時間が遅く既に店じまい。結局居酒屋「」に飛び込んだ。これが悪くないチョイス。

蔵、というだけあって日本酒の品揃えがよい。獺祭、〆張鶴 純などが1合600円ぐらいから飲める。私はビール好きなのでがんがんビール飲んだが、刺身からポテトサラダからささみ焼きわさび載せから、男4人が運動後もりもり食べてもりもり飲んで一人5000円。やはり下町価格。

 

飲んでいるうちに雨が本降りになり、傘がないので走った後になぜかタクシーに乗る、という敗北感にあふれる流れで錦糸町まで。そこから半蔵門線で帰宅。気がつけば日付が変わっていた。

 

 

 

広告を非表示にする